借りるなら銀行のカードローン

借りるなら銀行のカードローン

借りるなら銀行のカードローン

ここ最近、注目を浴びている金融商品といえば銀行のカードローン
テレビCMなどでも目にする機会が非常に多いので、
気になっているという方も多いかと思います。

これらの銀行のカードローンのおすすめポイント
挙げるならば、以下のようになります。

金利が低い

総量規制の対象外

限度額が高い

金利が低い

お勧めポイントの1つ目は、金利が低いということです。
銀行のカードローン以外にも、消費者金融のキャッシングというような商品がありますが、
どちらのほうが金利が低いかといえば、それは銀行のカードローンです。
銀行のカードローンの場合、上限金利であっても
15パーセント以下に抑えられているケースが多いです。
最初にカードローンを利用する人、あるいは少ししか利用しない人は、
この上限金利が適用されることが多いので、ここをチェック。

一方、消費者金融のキャッシングの場合には、上限金利が18パーセントと言う場合が多いです。
たかが3パーセントの違いと思うかもしれませんが、
仮に100万円カードローンで借りたとすると、その金額は30000円となります。
決して馬鹿にした金額ではありません。

一押しはここ⇒バンクイック 評判

総量規制の対象外

お勧めポイントの2つ目は、総量規制の対象外ということです。
その前に、そもそも総量規制というのは何なのでしょうか。
総量規制というのを簡単に言うと、年収の3分の1以上のお金を借りることができないということです。
消費者金融のキャッシングなどは、このルールが適用されてしまいます。
しかしこれでは、借金ができなくなってしまうので、
いくつか対象外となっているローンがあります。

まずは、住宅ローンや自動車ローンなどのローン商品です。
住宅ローン(※1)や自動車ローンで利用する金額というのは、通常のカードローンとは桁が違います。
年収以上の金を借りるということも珍しい話ではありません。
そして、銀行のカードローンも、実は総量規制の対象外なのです。

※1
もしも住宅ローンを利用しているのであれば、住宅ローンを利用している銀行の
銀行カードローンを利用すると、年利が低くなる銀行カードローンがあります。
もし銀行カードローンを利用する場合は調べてみると金利を低く抑えることができるかもしれません。

限度額が高い

そしてお勧めポイントの3つ目は、借入限度額が多いということです。
もちろん、審査の結果限度額というのは決定されますので、
必ずしも自分の希望通りになるとは限りません。
しかし少なくとも、制度上では限度額は消費者金融のキャッシングより多いです。

即日融資が可能な銀行カードローンもある

銀行のカードローンと言えば、金利が低く、総量規制の対象外、限度額が高いのが特徴ですが、
最近ではテレビCMでも流れているように即日融資にも対応している銀行カードローンも登場してきています。これまで即日融資の場合は消費者金融を利用するという選択肢しかなかったのですが、
銀行カードローンも検討できるようになりました。
もし銀行カードローンを利用できる場合は金利も低いですし使った方がお得ですね。

既に精査された媒体から探す

信ぴょう性、信頼性は相対的に見て優れているかどうかで判断されます。
カードローン商品も言うまでもなく同じであり基本的にな商品内容(金利、サポート、母体規模)などを
良理解した後はキャッシング比較で既に精査されているところから見つけるのがリスクは低く
探せることでしょう。当たり前の話ですが1から全国の業者をリストアップしスペックをすべて
精査していたら1年はかかりますし、その間にサービス自体も停止してしまうところも現れるでしょう。
正直そこまで精査しWEB上で紹介しているサイトは見たことがありませんので必要とされていない
証拠なのかもしれません。ですので選び方のコツとしては、最初に言った通り銀行のカードローンや
先ほどの精査された媒体から探すということが時間もかかりませんし宜しいかと思います。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 Information ALL RIGHTS RESERVED.